30代、オタク4人ルームシェア

赤の他人と出来るだけ健やかに暮らしたい記録

第10話【引っ越し編】わたしメリーさん。エレベーター無し物件に住んでるの。

 なんのために税金払ってるんだろう。
 昨今の政治情勢から、上記の疑問が浮かぶ機会って増えていると思うのですがいかがでしょうか。3号です。
 ここでお話ししたいのは国会のことでも政治情勢のことでもなく、個人の引っ越し事情なんですけれど。

 

 住民税、払ってますか?
 一般的に道路整備や建設、自治体のサービスの展開、ごみ収集などに使われる税なんだそうです。そう、ごみ収集。
 引っ越しにあたり、5LDKの余った一部屋を倉庫として活用することが決まりました。この機会に実家から持ち出してずっと部屋に置いてあった、もしくは一人暮らし中盤に導入した半端な大型家具を処分してしまおうとわたし3号は考えたのです。

 

 家具処分候補
・座面広め(なんなら寝られる)の二人がけソファ
・幅90cmのスライド本棚
・最長辺110cmのガラステーブル

 

 さらに一人暮らし用の白物家電が複数あっても意味がないので、

・冷蔵庫
・洗濯機
・電子レンジ

 

 上記3点セットも処分し、さっぱり身軽に1Kを出たい。そこでぶち当たったのが粗大ごみ、リサイクル家電搬出の壁でした。

 

 3号の住まいは諸事情あってエレベーター無しの3階、そしてオートロック外の共有部が激狭。どれくらい狭いかというと、人間がひとり共有部に立っているだけで建物への出入りが阻害されるレベルです。
 ここで某自治体の粗大ごみ搬出ルールを確認しておきましょう。

搬出

 粗大ごみを自宅の敷地内(室外)のわかりやすい(外から見える)場所に出してください。
※集合住宅等で粗大ごみの置き場所が指定されている場合は、指定場所に置いてください。
※道路やごみ集積所には出さないでください。
家の中などからの品物の持ち出し収集は行いません。マンションやアパートで、2階以上にお住まいの方は、1階まで降ろしてください。

 

 電子レンジ、ガラステーブル(両方粗大ごみ)まではギリギリいけました。自治体に申請して粗大ごみ処理券を買い、指定された日の朝に該当の粗大ごみを抱え2階分の階段を降りて、激狭共有部になんとか収め……。ガラステーブルは天板と脚が分離できるタイプだったのが幸いしましたね。
 スライド本棚(粗大ごみ)は重量10キロの木製だったもので、そりゃあ女手ひとつで2階分降ろせるわけがない。これについては自力組み立てだったので、速やかに解体後残骸を数回に分けて運びおろし、猫の額ほどの共有部にてビニールテープでまとめ、持っていってもらいました。木材幅取らない。

 

 さてここからが問題です。
 二人がけソファ(粗大ごみ)を処分したいが自力で1階まで降ろせそうにない、と自治体に問い合わせたところ、たいへん丁寧に電話でご対応くださったのですが、得られたのは結局
「自力で自宅から1階までの搬出ができない、という理由での作業員派遣はしていない」
 という回答でした。
 ですが一方で、「共有部に該当の粗大ごみを置くスペースがない、という理由でなら作業員が派遣できる」という選択肢も提示してくださいました(とはいえ、3階から運びおろしてくれるかは微妙なところなのだそう)。
 しかし悲しいかな、3号は勤め人。そして何より、粗大ごみの収集日を回収される側が指定することはできないのです。ついでに言うと、粗大ごみの回収時間の幅ときたら。平日8:30~16:30て。休みとって8時間ボケーッと口開けて待つ可能性もあるんですよ。そんな時間あったら仕事したいわ(社畜根性)。

 

 電話口で粘りに粘って上記の回答を引き出したんですが、おそらく、この手の問い合わせに対する自治体窓口の模範回答は「ご家族かご友人にご協力いただいて自力で降ろしてください」なんです。3号も最初はそう告げられました。
 …………はあ。
 ご家族かご友人、ですか。
 まあ3号30代女性なもので、ご家族……たとえば両親の年齢もおのずとそこから割り出されようものと思うんですが、そろそろ後期高齢者に脚を突っ込もうとしてる人たちですよ!? そんな年齢の両親に10キロ以上の粗大ごみを背負って2階分階段降りてくれとは言えんわ。そもそも地方から上京してきて、家族親戚が近所に住まっていない人も多いでしょう。
 第二の選択肢、ご友人。今回の3号の条件(共有部に大物家具を置けない)から想定するに、自力で降ろすパターンの場合、「平日8:30~16:30のいずれかの時間に到着する自治体のごみ収集車を友人と待ち、車が来た時点で友人と3階から該当の粗大ごみを運び出して見送る」というかたちになるわけです。3号本人すら待てない8時間を、2、3日前に指定される粗大ごみ収集日に休みをとってもらい、無為に過ごさせるってことですよ。わたしがその友人だったら「便利屋に頼め」って言いますね。やるなら時給発生して欲しい。
 血縁地縁に依らない生活を始めるためになんで血縁地縁を利用せにゃならんのじゃい、とこのルームシェア、物件探しから引っ越しに至るまで幾度思ったことか。

 

 たとえばわたしが独居老人であったとしても自治体はこういうサポート体制を崩さないのでしょうか。独居をやめてどこかの施設に入居を決め、家具を処分したい場合とか。
 たとえばわたしが一時的、または恒常的な疾患を抱えていて、重いものがいっさい持てなかったとしても。
 また特に単身女性、セキュリティのために地階に住むなとはよく言われることですよね。多少の家賃の安さと引き換えにエレベーター無しの上階を選択する女性も多いと思います。それと同時にこういった将来の不便を抱え込む。
 行政や自治体にこうした不便を解決とはいわないまでも軽減してもらうために、我々は住民税を払っているのではないんでしょうか。と虚しい思いを抱き、冒頭の問いが頭をよぎったわけです。

 

 最終的に二人がけソファは、自治体窓口に紹介していただいた、土日に3階踊り場まで取りに来てくれるごみ処理業者(値段は三倍)に引き取られていったわけですが、そこでもやはり「部屋の中には業者が入れない(から玄関まで自力で出してくれ)」との要望があり、3号のガラスの腰が砕けるかと思いましたね……。

f:id:otakuroom:20190124182507j:plain

無事踊り場へ運び出されたソファの姿。



 冷蔵庫・洗濯機(ともにリサイクル家電)に対しても最初は同様に「自力で降ろして欲しい」と電話窓口で言われ、それはできないと粘り続けた結果、追加料金を支払ったうえで自治体提携の業者に降ろしてもらうことになりました。買い換え以外での大型家電の処分ってそんなにレアなんでしょうか。

 

 結論、粘りと金でなんとかなる。
 なんですけれども、もうちょっとサポートしてくれてもいいんじゃないかなーと善良な納税者は思うのです。

 

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001CNKCI4/liberal-marketing-22/

 こういうので細切れにして運び出す手もありますけど、室内でこれ振り回すこと思うとちょっと躊躇しませんか。

第9話 保証とか補助とか

無事物件も住人も決まったところで、はい、契約……の前に、審査!ですね。

 

これも家主によりけりだと思うんですが、今回の場合は「保証会社を通すこと」が条件でした。

保証会社を通す場合も、保証人は必要になるじゃないですか、基本的には勤め人の保証人が。ウチの親、すでに年齢的に引退というか脱サラ自営業してるんですよね。父親を保証人にして審査チャレンジしたところでやっぱり落ちました。たまたま妹が正社員に昇格したばかりだったので、妹に頼みましたけど、これ一人っ子が人生詰む詰むシステムですよね。血縁者である必要はないんでしょうけど、保証人になってくれる人なんてほとんど血縁者に限られるような。


まぁそんなこんなで保証会社を通したところで、契約になるんですが、4号の会社の家賃補助をいかに獲得するかという問題が出てきちゃったってワケ。

細かいことは4号が差し支えない範囲で書いてくれると思うけど、契約者が本人ではない、結婚しているわけでもない場合の家賃補助申請ってなかなか難しいのね……。会社によりけりなのかもですが。


当初は私1号が代表して契約するつもり(ルームシェアの契約形式としてはこれが一般的らしい)→連名契約の方が家賃補助通りやすい?→会社的には1人頭の正確な支払い金額が欲しい→でもそれ契約書に明記すると、1人抜けた時も、家賃全額を再度等分して支払うのではなくて、それぞれが契約時の金額を払うことになるので家主が困る→契約者のわたし「どうせえっちゅうねん」


結局、連名にしたところで家主的には各自の支払額は指定できないから、契約はわたしが代表して行いました。別紙で、家賃を等分に……という形のことを書いてもらって、それを持って4号の会社と交渉って形になりそうです。

 

血縁や戸籍と関係ないところで、フンワリ暮らしていこうとしても、血縁や戸籍抜きだと、スムーズにいかないんですな。うーむ難しい。

第8話 4号の場合〜あるいは(繁忙期と昇給がもたらす独立への憧れ)

「ご実家出るおつもりってありますか? ルームシェア物件探しをしていて、いい物件が見つかったんですが、4名向けなのにいま3名しかいない状態で」

 

仕事の繁忙期。片道1.5時間をかけ、すっかりしんなりして帰宅する道すがら、3号から飛び込んできたLINEが全ての始まりでございました。

 

申し遅れました。わたくし、4号と申しまして、都内でサラリーマン2年生をしております。「役所かな?」という塩梅に堅い職場で、繁忙期以外はのんびり9時5時生活でございます。繁忙期以外は。ええ。


東京郊外の実家に住まうこと、生まれてこの方三十(ピー)年。過干渉気味なものの比較的良好な家族関係、若干遠い気はするが(1〜1.5時間)通えてしまう都内の学校や職場、始発駅(つまり確実に座れる)という強烈なアドバンテージを持つ最寄駅……といった好条件が揃い、のらりくらりと実家住まいをしておりました。

いや、一昨年くらいまで超不安定な大学の地縛霊をしていて、金銭的に一人暮らしの難易度高めだったからなんですけれども。あれは実に良くないですね。精神を病みます。あれだけ日々追い詰められていたら捏造だ何だも起きるというものです(言うまでもありませんが、不正ダメ絶対)。

 

ともあれ、サラリーマンとなりお安いながらも安定した収入を得、「そろそろ実家を離れるイベントを起こすべきでは……? いやしかし一人暮らしするには給料安過ぎる……でも片道1.5時間は忙しい時期には虚しい……だけど単身はさびしい……」と悶々としていたところに、3号からの冒頭のLINEが届いたのです。

 

お誘いに、わたくしの中のお気楽な部分は「えっめっちゃ渡りに舟だべ?」と膝を打ちます。ルームシェアならば安月給でも耐えられるところまでコストを抑えられるし、家に自分以外の気配がする。立地も実家よりも遥かに都心に近い。

しかし、わたくしの内のチキンな部分が「いやでも過干渉マイファミリーとの交渉、すげえタフなのでは? あとジーチャン亡くしたばかりのバーチャン(孫命、ニアリー同居)を置いていくのは流石に何か言われるのでは?」と異議を唱えます。

 

結果、3号へ送った返事は次のようなものでございました。

 

「興味ありのペンディング、で……!」

 

このチキンが!!!!!!

 

しかしその後、突然のちょっぴり昇給するよのお報せ、ルームシェアに誘われていてと話したら「なんだお前やっと出ていくのか」的反応をした両親(ねえ今までのアレコレなんだったのねえちょっと)という二つの吉報と、なおも激化する繁忙期で、更にしなしなに煮込まれた4号。実に12日間のシンキングタイムを経て、震える手で3号とのトークルームに文字を打ち込んだのでございます。

 

「ぜひ私もひとくち乗らせていただければ……」

 

なお、この時点でルームシェアに誰がいるのか、ふんわりとしか把握していなかったのは完全なる余談でございましょう。チキンのわりにそういうとこありますよね、貴方。

 

趣味は人様の家の掃除と再レイアウトのわたくし4号、自分自身を派手に実験台にする機会がついにきたとソワソワしております。現自室は三十(ピー)年分の蓄積が凄まじく、抜本的な改造はなかなか困難でありましたもので……家具なんかも、自分で選んだものではございませんしね。一度ゼロから生活空間を組み上げてみたかったのですよ……!

 

今回のルームシェアで恐らくわたくしが一番生活経験値が低いかと思われるので、はやく一人前(とは)になりたい所存でございます。

 

……まずは引越しの手順を知るところから……うん……。

 

第7話【物件探し編】我々はついに約束の地(物件)をみつけたのかもしれない

〜前回のあらすじ〜

サンルーム、納戸、隣が廃墟の部屋には人は住めません。

 

2ヶ月弱ほど(このブログの日付とは微妙に違うんですが)物件探しが難航していた我々ですが、「ルームシェア可」物件を探し当てました。

広いリビング、全個室6畳以上、屋根裏収納、シューズクローゼット、1Fと2Fにトイレがある一軒家! 一軒家にありがちな駐車場(私達は絶対にもてあますから、できればないほうが良い)も無く、駅から多少離れているものの許容範囲。JR沿線! これはアリよりのアリでは……? 

しかも、不動産屋の方いわく、定期借家とはいえ、2年以上の更新も可能(応相談)な上、家主の人はかなりリベラルな方のようで「友人同士でも外国籍でも(保証会社の審査通れば)どんとこい」という感じだそうで、「乗るしかない、このビッグウェーブに……」というお気持ちに。

 

5LDKで21万円であることを除いては。

 

1部屋は共同物置部屋にするとはいえ、物置2部屋もいらないね……。

っていうか一人頭7万ってワンルーム時代と比べて家賃大幅に下がってないやんけ(作業場ができるだとか、キッチンやお風呂が広いとか、生活のグレードはあがるとはいえ)。

 

と、判断を保留して数週間、その間も「ルームシェア相談」物件にアタックしては爆死しており、「もう5LDKに住みたいよ〜」「リベラル家主のお家に住みたい〜」とLINEグループで夜泣きが続き「やっぱり内見してみたい」という結論に。

 

そしてやってきました、JR線沿線の某駅前の不動産屋へ案内され、該当の一軒家へ。

駐車場がないため、ファミリー客からは敬遠されており、まだ借り手がついてなかったようで、よかったよかった。

多少古いものの、水回りとキッチンはリノベーションされており、2階にある4つの個室は書斎のような作りの部屋もあるし、小さいながらも庭もある。オタク心を刺激され「家主、インテリだ……」と思わず口にしてしまう我々。

「やっぱり住みたい〜〜〜!」という内見ハイに陥りつつも、「でも、3人だと持て余すよね」と我に返ること幾星霜。

そして我々は「1人増やせばいいんじゃないの?(大発見)」という結論に至ったのです。

21万円を4人で割れば家賃5万ちょっと。在宅ワーカーである1号と2号が多めに出せば(出す気はあります)、4人目はかなり安く部屋を借りることが出来ます。

「この条件なら、誰か住みたいって言う人はいるのでは?」

というわけで、水面下でルームシェアの追加メンバー募集をかけることにしたのです。

 

果たして、そう簡単にうまくいくのでしょうか。

結論からいうと、いったんですわ……。

数週間後、4人目の入居者となる、4号が手をあげてくれたのです。

 

 

東京ルームシェア生活 (コミックエッセイ)

東京ルームシェア生活 (コミックエッセイ)

 

 

 

  

第6話 【物件探し編】ドキッ! 気になる物件の隣がホラー廃墟

〜前回のあらすじ〜

「友人同士」のルームシェア可能物件が少なすぎて少なすぎて震える。(西野カナ
 
 毎日毎日僕らはスーモ経由でお問い合わせしてはお断りされて、いやになっちゃうよう!(泳げたいやきくん)
 

 ちなみに、何度か問い合わせた不動産屋の方が「ルームシェア可の3LDKありますよ〜」と意気揚々とお持ちくださった物件の3部屋の内1部屋が「納戸」や「サンルーム」だったりして……。たしかにまあ3部屋個室かもしれない、でも"「納戸」に住んでる"って人に言ったら一気に昭和の旧家の世界観になってしまうのでは。それに「サンルーム」ってやたら日当たりのいいアレでしょ? 住めるか? 植物ちゃうぞ? DIO様だったら死んでますよ! いや、DIO様なら納戸の方がいいのかな……? でも我々DIO様でもなければ光合成もしないので、普通の部屋がいいです。


 まぁね、なくはないんです。京王線西武線などの私鉄沿線まで選択肢を伸ばせば、18万円以下で築年数が25〜30年くらい、駅から多少は離れるものの、リノベーション済みリビング広めの3LDKマンションや駐車場つき一軒家(ルームシェア〈相談〉)だって結構出てきます。
 
 これは憶測ですが80年代後半〜90年代初頭に家を購入したであろう団塊世代の皆さんが、子供が独立して家を持て余したり、引退して都心の便利なマンションなどに住み替えたケースが増えているのでしょう。しかしこの辺りの物件になると、車がないと不便ですし、勤め人である3号の通勤にも時間がかかってしまうんですよね。ルームシェアはみんなが納得する家にしたいじゃないですか。
 
 と、いうわけでネチネチと毎日スーモとにらめっこしていたら、あったんですよ。JR沿線に友人同士のルームシェアOK物件が! リビングも広いし収納も充実、屋根裏収納もあり! しかも山手線沿線! 徒歩10分! あなたが神か!
 ハイテンションで内見申し込みしようと意気込んだものの、スーモにやけに写真が少ないことが気にかかり、ほかの物件サイトで同じ物件を探し当てました。そのサイトの方が写真も充実していました。そこで我々は気づきました。
 
 この家……隣が廃墟だ。
 
 窓を開けるとサツキとメイの家レベルに緑がワッサワッサした建物がコンニチワ(21世紀の東京にあっていい家じゃない)。勢いで「廃墟」と申し上げましたが、人が住んでいたとしても逆に(住民の精神が)怖いレベル。ベランダと廃墟がかなり高い位置で対面してるので、どう考えても布団が干せません(虫がやばそう)。
 
 即座に「大島てる」チェックをする我々(事故物件ではない模様)。3号が速やかにグーグルストリートビューも確認したものの、どうやら道が狭くて車が入れない位置らしく、該当物件と廃墟の現物は確認できず(これ、引っ越しの時にも車入らなくない?)。グーグルの航空写真は異様に黒い物体が該当住所に鎮座してましたね。
 
 「なんだこれ」と気になって色々調べたところ、下町の建物が密集した地域の場合、一回取り崩してしまうと、現在の法律では家を建てられないようなケースが多いらしく(リフォームはできる)、取り壊すよりは…とそのままにされていたり、あるいは取り壊すにも道が狭くて重機が入らず、取り壊す時のコストがかかりすぎて放置されていたりなどなど、様々な理由でこういう物件はそれなりに存在するらしいです。
 
 私たち、たしかに「面白い方に3000点」とは言ったものの、隣が廃墟は面白いけど、面白いけど生活するにはリスクが高すぎる、っていうかメンタルにやばすぎる。泣く泣く諦めました。
 
我々の明日はどっちだ!
 
 

ブログ内容とは関係ないですけど、引っ越し前に読みたくはないくらい怖い小説ですよよね……。

 
 
 
 

第5話 【物件探し編】ルームシェア可物件、ペット可物件よりも少ないってよ

 こんばんは、1号です。たまたま2号の人脈で、某不動産ポータルサイトの人に話を聞く機会がありました。

 

 そこで得た知見は、

「友人同士のルームシェア可物件は、ペット可物件よりも少ない」

 

 以上です。

 

 「SUUMO」、「HOME'S」など、大手不動産ポータルサイト巡回が趣味になりつつある我々にとっては、大変実感のある知見でありました。つまり我々はある意味犬猫以下なのです。ある意味!


 上記のサイトの検索機能で、「ルームシェア可」をチェックすると、物件数が十分の一以上に減ります。
 ちなみにヤフー不動産にはそもそも、「ルームシェア可」の条件検索そのものがないんですが…。

 

 

f:id:otakuroom:20181201001117p:plain

ヤフー不動産さん、「ルームシェア可」の項目を付けてください…

 

 また、「2名入居・ルームシェア可」という条件検索のサイトもありますが、兄弟姉妹や結婚を前提とした「2名入居」と、「(赤の他人同士の)ルームシェア」は、家主さんにとってはかなり深〜〜〜〜い溝があるようなので、ここを一緒にする条件検索は我々にとってはマジで意味がないです、よろしくおねがいします。

 

 しかも、そもそも「ルームシェア可」という物件が少なく、「ルームシェア 相 談 」なんですよ。たしかに、「テラスハウス」のような男女混合チームと、我々のようなオタクの寄り合いチームとは、かなり印象が変わってくるような気がします。あと外国籍の人が含まれたルームシェアだともっとハードルが上がるそうな。しかし相談すらさせてもらえずに断られるケースが多すぎて。

 

 実際に我々が遭遇したケースですと、「ルームシェア相談」とあった3LDKの物件に問い合わせてみたところ、「家族のルームシェアしか受け付けてない」という回答をもらいました。3LDKで家族のルームシェア…? 3兄弟? その家主さんいわく、友人同士のルームシェアに貸したところ、住民の脱退により家賃未払いトラブルが発生したとのことで……。そうか、仕方ないけど、それはもう「友人同士のルームシェア不可」って書いておいて欲しいですね。他にも「そういう形のルームシェアは…」とお断りされたこともありました。「そういう形」とは……?

 

 LINEグループ内のやりとりで、ある程度「おっ、いいじゃん!」「〈ルームシェア相談〉ならいけるのでは?」「この間取りならアレができるしコレができるね!」と盛り上がってからの、「ダメでした〜〜!」報告はちょっと寂しいですし。この断られ具合は、就職活動のトラウマが蘇るので……。我々氷河期世代、就活で割りを食った上に、老後のために身を寄せ合って生きるのもハードル高いのかよ〜〜?(論理の飛躍)

 

 賃貸不動産探しにおいて、「ワンちゃんニャンちゃん以下」という烙印を押された(押されていない)我々の明日はどっちだ!?

 

 

 購入も考えたんですけどね……(そんな金はない)。

 

 

第4話 ルームシェア計画を進めるにあたって、最初に決めたことのメモ

 

 こんにちは、1号です。ルームシェアにあたって、なぜこのメンバーに声をかけたのかというと、

 

すごく距離が遠いわけでも近いわけでもなかった。

 

につきます。


 「距離が近すぎると揉める原因になる」というのは、これまでの人生で3年の寮生活、半年の妹とのルームシェア(速攻で破綻)などで学んだことのひとつです。SNS上でも夫婦の家事分担などのトピックは日々議論されていますし。


 「家族というチーム」ゆえの甘えや厳しさからくる齟齬やトラブルは、今更ここで語ることではありませんが、今回の場合、こちとら家族ではありませんので、そもそも最低限の干渉しかしたくはありませんし期待もしないようにしたい。つまり、付かず離れず「そこそこの仲の良さ」を希望していました。とはいえ、SNS上でゆるやかに十年近く繋がっていたので(数ヶ月に一回会う程度)、お互いの人となり、(なんとなくの)職業、趣味、消費傾向は双方ともにわかっているので、そのくらいの関係性で十分かなと思いました。


 個人的な考えですが、同棲にしろ同居にしろ、


・衛生観念
貞操観念
・金銭感覚


がある程度似通っている相手であれば、長期間の共同生活は成り立つと考えたわけです。


 そして、3人でLINEグループを作り、最初にざっくりとした計画案を作りました。

 


楽しいルームシェア計画

・人数
3人(現状)

 

・間取り
3~4LDK(4LDKの場合は一部屋倉庫に)
マンションか戸建ては問わない(戸建の場合は町内会問題もあるので不動産屋に確認)

 

・価格帯
一人6万円以内
15〜18万程度

 

・沿線
JR中央線東京メトロ副都心線など、新宿渋谷池袋あたりに3,40分程度でいける物件が好ましい。

・必須ポイント
収納は多い方がいい(収納が少ない場合は4LDK物件の1部屋を倉庫にするなどの措置)
リビングは大きめ(12畳以上)/2号の作業場に2畳程度使用したい
全室エアコン(ない場合は自費でつけていいか家主に確認)
最低一人部屋は五帖、あまり広さに差のない間取りを希望
お風呂は追い炊き必須
築年数の古い物件の場合、とくに水回りはリノベーション済であることが望ましい(水圧も要確認)。

・できればポイント
誰かの部屋を通らないと、他の部屋に行けないor洗濯物が干せない(ベランダが個室にしかない)という間取りは避ける。
8~90平方メートル以上は欲しい
できればトイレ2つは欲しい。

・必要経費

住居の初期費用(家賃18万円とした場合)
前家賃1ヶ月+敷金1ヶ月+仲介手数料(1ヶ月+消費税)+保証会社(家賃の半額)+保険料など(年間2万円程度)
→最低でも一人約20万円程度は必要

引っ越し代金→時期、距離など場合によるけどだいたい数万〜はかかる

冷蔵庫、洗濯機、テーブルなど、共有の家具家電→今持っているものをそのまま使う、購入する場合、新品も良いけれど、メルカリも視野に。

・時期
4,5月まで引っ越し屋、不動産屋の繁忙期なので、そこは避ける。年内に物件が見つからない場合は、春以降に見送り。

 

 こんな感じです。うーん、注文が多い(苦笑)。今後ルームシェアをされる方の参考になれば……。

 

 

こちらのマンガ、大変面白かったです。このくらいハイテンションにやっていくには我々、若さが足りませんが……!